LEONARDO スタッフ日記
~ 商品の入荷速報やヨーロッパのファッション、食文化等をご紹介していきます ~
”ANDREA NERIアンドレア・ネリ”ジャケット
イタリア発の新鋭ブランド”ANDREA NERI アンドレア・ネリ”
が手がける芯地や副資材を排した、軽い着心地のアンコンリネンジャケットをご紹介させて頂きます。

    P1000422_20100426194929.jpg  P1000424_20100426195007.jpg


”ANDREA NERIアンドレア・ネリ”
1985年イタリアはトスカーナ州の都市アレッツォにて創業のアパレルブランド。
創業以来、数多くの一流メゾンの重衣料の生産を手がけており、
その高い品質と確かな信頼性はヨーロッパでも広く知られています。
その経験で培った技術力は、自社ブランドでも如何なく発揮されています。


P1000419_20100426195140.jpg P1000417_20100426200743.jpg P1000416_20100426200820.jpg
  

パターンや縫製、アイロンワークによる立体的なシルエットを実現するテーラリングに優れた
”アンドレア・ネリ”は、シングルジャケット、ダブルジャケット共に
細身に仕立てられ、またベントもセンターベントという作りになっています。

リネン生地を使用し、着心地はとても軽く、
裏地は袖裏のみの1枚仕立てになっています。
裏生地のパイピングのアクセントが大人の遊び心をくすぐります。


   P1000423_20100426201028.jpg    P1000415_20100426201102.jpg
シングルジャケットには、アルカンターラのエルボーパッチが付きます。
ダブル仕立ては、パッチポケットというデコラティブ加減も今年らしい仕様です。

LEON6月号P.95掲載





スポンサーサイト
~MASSIMO マッシモのトートバッグ~
お洒落の仕上げに「MASSIMO」マッシモのトートバッグ。
大きなサイズ感が今時です。
週末のお出かけのみならず、出張に、旅行に、ゴルフにと活躍の機会も多そう。

        DSC03393.jpg


最高級カーフのALCEレザーを使用したこのトートバッグは、
重量もオールレザーとは思えないほど軽く、とにかく何でも入る使い勝手の良さがGOODです。

DSC03374.jpg DSC03387.jpg


この素材特有の発色の良さを生かした
カラーバリエーションが魅力なので、
お洒落さんには、綺麗な色物をお薦め!
あえての派手色も極上素材ゆえ、すんなり馴染みます。

     DSC03375.jpg


アルチェカーフレザー
生後3~6ヶ月以内の仔牛革カーフは、牛革の中では最も高い価値を持ちます。
自然なレザーのシボ模様を強調したソフトで柔軟性のある仕上げのカーフのことをアルチェレザーといいます。
きめが細かいく、適度な張りと柔らかさを兼ね備えた風合いで、表面は美しいシボ感が特徴の
アルチェレザー
は、風合いが上品にもかかわらず、傷が付きにくいというのも特徴の一つです。


          DSC03394.jpg


 
~春の大人のジーンズスタイル~
春の小粋なデニムスタイル。
柔らかコットンジャージ素材だからデニムとの相性も抜群です。
 
       P1000422_20100417185412.jpg


ややきつめのウエストシェイプが上半身をすっきり見せ、
また、やや短めの着丈が、軍パンとも好相性なのです。

            P1000425_20100417185459.jpg

足元はロールアップでヌケ感をつくれば、
トレンドを感じるリラクシングな出で立ちになります。

ステファノ・アレッシのコットンジャージジャケット
インナーは台襟付きポロ、ご存知ギ・ローバーのドゥエ・ボットーニポロを。
ヤコブ・コーエンジーンズに、イレブンティのリボンベルト。

        P1000424_20100417185613.jpg
      ポロシャツ、イレブンティ

~MAURO de BARI マウロ・デ・バーリのサンダル~
イタリア南部の街バーリに拠点を置き、
50年以上にわり伝統と斬新さとが融合した質の高い製品を世に送り出している、
名門サンダル工房デビルシューズ社。

イタリアでは老舗メゾンをはじめ有力デザイナーのOEMを手がけたことでも知られています。
そのデビルシューズ社から2009年春夏シーズンにデビューしたオリジナルブランドが、
社長兼デザイナーの名前をとって名付けられたMAURO de BARI マウロ・デ・バーリです。
      P1000416_20100416195657.jpg


MAURO de BARIの加工に関しては、”TUFFATO”(トゥッファート:「軽くし浸した」の意)
とよばれる独自の工程を採用しています。
 
        P1000417_20100416195741.jpg

まず未加工の牛革を型取りした後、手作業で天然色素を徐々に染め上げ、
再度手作業で刷毛による色付けをし、仕上げには、外気に触れさせ乾燥させます。

この”TUFFATO”と呼ばれる加工は、極めて正確な作業が求められ、
また生産に非常に時間が掛かる為、
現在トゥッファートで生産している企業はほとんどありません。

MAURO de BARIは、”トゥッファート・サンダル”のみの生産に集中することで、
迅速かつ手作業の良さを十二分に反映したモノづくりが可能であり、
ゆえに、日々品質の向上にも努めることができます。

 
P1000419_20100416200212.jpg  P1000420_20100416200245.jpg 
P1000418_20100416200327.jpg
¥13,650~¥15,750-
サイズ39(25cm),40(26cm),41(27cm),42(28cm),43(29cm)まで


”トゥッファート・サンダル”のエキスパート、そして、
イタリア製でありながらなんと1万円台という驚きのプライス!
ハイクオリティでありながらもコストパフォーマンスにも優れた本格レザーサンダル、

それがMAURO de BARIです。



P.S. J.W.ブラインを買い逃された方、今度こそ注目商品早めにゲットして下さい!!


プロフィール

レオナルド

Author:レオナルド
イタリア最高峰ブランドを
取り揃える創業50年の老舗

大阪市北区天神橋5-8-31
TEL 06-6351-0673
定休日 火曜日
営業時間 12:00~20:00



検索



最新記事



カテゴリ



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



QRコード

QR